【所感】図書館で「本の福袋」貸し出し 東京 品川

www3.nhk.or.jp

中身がわからないようにして本を貸し出すというものらしい.
これは面白い試みだと思う.

私の場合, 技術書や参考書などは予め何を買うか決めた上で本屋に足を運ぶが, 小説などはその限りではない.
友人が読んでいた, オススメの棚に置いてあった, 有川浩が新刊を出していた……と, 衝動買いすることもままある.

しかしそうは言ったものの, 新しいジャンルや作家の本を開拓していく, ということはあまりない.
悩んでいるうちに結局「また今度でいいや」となり, 何も買わずに帰って既読の小説を手に取ってしまう.
(植物図鑑はもう何周したことだろう……)

近所の図書館でも同じようなことやってくれないかな.
……と, その前に借りていた本を読まねば.

植物図鑑 (幻冬舎文庫)

植物図鑑 (幻冬舎文庫)